【PostgreSQL商用版パッケージ製品 PowerGresはこちら】
お間違いでは? これは大変古いバージョンのマニュアルです。
より新しいバージョンのものはこちら [PostgreSQL日本語マニュアル]

4.2. 比較演算子

Table 4-1. 比較演算子

演算子説明
< 小なり
> 大なり
<= 小なりまたは等しい
>= 大なりまたは等しい
= 等しい
<> or != 等しくない

Note: !=演算子は構文解析で<>に 変換されます。したがって、!=<>で異ることは行えません。

比較演算子はその意味が通るならばすべてのデータ型で使用できます。 すべての比較演算子は二項演算子で、boolean型を返します。 1 < 2 < 3のような表現の場合、1番目の <演算子はブーリアン値を返しますが、2番目の< 演算子はブーリアン値と3を比較できないので、式は無効となります。

比較演算子に加えて、BETWEENも使用できます。

a BETWEEN x AND y
は、下記のものと同義です。
a >= x AND a <= y
同様に、
a NOT BETWEEN x AND y
は、下記のものと同義です。
a < x OR a > y
内部的に1番目の形式を2番目の形式に書き換えるのに必要なCPUサイクル以外は、 2つのそれぞれの形式には違いがありません。

値がNULLかどうかを識別するには、下記の構文を使用します。

expression IS NULL
expression IS NOT NULL
NULLはNULLと"等しく"ないので、 = NULLとは しないで下さい。(NULLは"不明な値"なので不明な値同士が 等しいかの識別はできません。)Postgresは現在、 Microsoft Accessなどのブロークンクライアント アプリケーションなどと整合性を保つためにx = NULL式を x IS NULLに変換します。しかし、この機能は将来の リリースではなくなる可能性があります。


【PostgreSQLトレーニングはこちら】
SRA OSS, Inc.のページに戻る