【SRAOSSの各種PostgreSQL関連サービスはこちら】
お間違いでは? これは大変古いバージョンのマニュアルです。
より新しいバージョンのものはこちら [PostgreSQL日本語マニュアル]

4.12. 集約関数

著者: Isaac Wilcox on 2000-06-16

集約関数は、複数の入力値から1つの結果を返す関数です。 集約関数の特別なシンタックスに関してはSection 1.3.4に 書かれています。その他の入門的内容はPostgreSQL Tutorialを ご覧下さい。

Table 4-22. 集約関数

関数説明備考
AVG(expression) すべての入力値の平均 下記のデータ型において、平均値を求めることができます。 smallint型、integer型、 bigint型、real型、double precision型、numeric型、interval型。 あらゆる整数型の入力の結果はnumeric型、 浮動小数点入力の結果はdouble precision型となります。 その他のものは、入力されたデータ型と同じ型となります。
COUNT(*)入力された値の数 integer
COUNT(expression) expressionの値がNULLでない入力値の個数  
MAX(expression) すべての入力された値のexpressionの最大値 すべての数、文字列、日付/時間データ型で使用できます。 結果は入力された型と同じです。
MIN(expression) すべての入力された値のexpressionの最小値 すべての数、文字列、日付/時間データ型で使用できます。 結果は入力された型と同じです。
STDDEV(expression) 入力値の標準偏差 下記のデータ型において、入力値の標準偏差を求めることができます。 smallint型、integer型、 bigint型、 real型、 double precision型、 numeric型。 浮動小数点入力の結果はdouble precision型となります。 その他のものは、numeric型となります。
SUM(expression) すべての入力された値のexpressionの和 下記のデータ型において、入力値の和を求めることができます。 smallint型、integer型、 bigint型、 real型、 double precision型、 numeric型、interval型。 あらゆる整数型の入力の結果はnumeric型、 浮動小数点入力の結果はdouble precision型となります。 その他のものは、入力されたデータ型と同じ型となります。
VARIANCE(expression) 入力値の分散 分散は標準偏差の2乗です。サポートされるデータ型は同じです。

COUNT関数以外の関数は、列が選択されていなければ NULLを返すことに注意して下さい。特に、列がないSUM はゼロではなく、NULLを返します。


【PostgreSQL商用版パッケージ製品 PowerGresはこちら】
SRA OSS, Inc.のページに戻る